翔司社長のアンチエイジング講座 9


日常生活に役立つ時間医学①

AM 2:00~3:00 AM 2:00~3:00胃・十二指腸潰療の痛み発作が多い。

AM 3:00~5:00 虫歯が最も痛む。夜勤の人が最も眠くなり夜業の工場などの事故発生率が最も高い。端息の発作が出やすい。(発作予防薬は夜飲むのが効果的)血糖値70mg/dl前後と最低となりAM8時に向かって90mg/dl程度まで上昇するので朝は食欲がないのが正常。体温が下がった4~5 時台に男性の自殺が多い。

AM 7: 00 起床午前中はインスリンの分泌が少ないので糖尿病の方、予備軍の方は極力朝食を少なめに。昼食に重きを置く。夕食は軽めに。また朝食を摂るなら少量のご飯粒にするとその後のインスリン作用が良好になます。

AM 7:00~9:00 一日の活動に備えて心拍数も体温も上がる。アドレナリンの分泌最大。心筋梗塞狭心症(8 時~12 時)に多い。薬は朝飲むのが効果的。午後や夜間の心臓発作は少ない。脳梗塞(7時と17時) 寝る前と起きたらすぐにコップ1杯の水を。

AM 8:00~10:00 一日の内で最も髭が伸びる夜中の3倍。髪の毛も午後より午前中によく伸びる。視覚、聴覚の感度が高くなる、2 時~5 時と13時~15時は最も鈍くなる。

AM 9:00~11:00 不安感が最も少なくなる。頭の回転も最も良くなる。

AM10:00~11:00 突然死が多い。


続く



アンチエイジングという言葉は、この10年ほどでよく知られるようになりましたが、実際の所、何をしたらいいのか、何をしない方がいいのかなど、日々の生活にまで落とし込むところに至るまでに「ああ、大切ね…だけど、よくわからないのよね」で終わることが多いのも事実です。

少しずつです。

こちらでお伝えさせて頂きます。

少しずつ、深めていきましょう、そして、実践できる内容も、適宜ご提案いたします。

よろしくお願い申し上げます。

大山翔司




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示