翔司社長のアンチエイジング講座 8


時間医学と生体のリズムに合わせた食事② 生体の消化・吸収・排泄のリズムに合わせて食事を摂るのが自然です。 私達の健康は生体のリズムに左右されます。

個人差もありますが午前中は排泄の時間帯ですから、しっかり朝食を取ることは生理的にも適していません。

朝は水を飲むだけでも腸が刺激されて便意が起きます。

古くから言われていますが吸収は排池を阻害します。

出入り口という言葉があるように排池(出す)が先で吸収(入れる)が後になるのが便秘を防ぐことになります。

食べて押し出すという考え方は乱暴に過ぎます。朝は水を飲むことから始めて下さい。


排池の時間帯に新たな消化に力をとられると、蛋白質などの未消化物の含まれた便は高温多湿の腸内で腐敗し再吸収されてしまいます。

その結果、呼気まで臭ってしまいます。未消化物は確実に毒となります。


続く



アンチエイジングという言葉は、この10年ほどでよく知られるようになりましたが、実際の所、何をしたらいいのか、何をしない方がいいのかなど、日々の生活にまで落とし込むところに至るまでに「ああ、大切ね…だけど、よくわからないのよね」で終わることが多いのも事実です。

少しずつです。

こちらでお伝えさせて頂きます。

少しずつ、深めていきましょう、そして、実践できる内容も、適宜ご提案いたします。

よろしくお願い申し上げます。

大山翔司




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示